Open Storage 2022
ー拡張する収蔵庫ー

2022.10.14[fri]~10.16[sun]
10.21[fri]~10.23[sun] 12:00-18:00
11.13[sun] 11:00-16:00

約1,000㎡の工場・倉庫跡に、国際的に活躍する現代美術作家の大型作品を保管・展示するMASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)。2014年の開館以降、収蔵作品の一般公開を毎年行っています。

2019年度、重厚長大な作品に挑む若手アーティスト支援を目的とした公募を行い、持田敦子を新参画アーティストとして迎えました。そして昨年度、これまで開かずの扉だったMASKのシャッター面を活用した新作《拓く》を制作し、新たな入口を出現させました。

持田によるプロジェクトの次なる展開として、その新しい入口と巨大倉庫エリアを接続し、場所・空間の意味や捉え方を変容させるサイトスペシフィックなインスタレーション作品に挑みます。その壮大な計画に向けて開催する「Open Storage 2022」では、工場の機能や機構をそのまま残す空間や、他の収蔵作品との関係性を模索するための実スケールでの作品スタディを展開し、披露します。アーティストの創造性を引き出し、表現の可能性を拡げる試みをどうぞご覧ください。

入場無料
参加アーティスト:
持田敦子、宇治野宗輝、金氏徹平、久保田弘成、名和晃平、やなぎみわ、ヤノベケンジ

主催:一般財団法人おおさか創造千島財団
企画協力・キュレーター:木ノ下智恵子(大阪大学21世紀懐徳堂 准教授)
助成:芸術文化振興基金
特別協力dot architects、Atelier Tuareg
広報協力ANOMALY、京都芸術大学ULTRA FACTORY、一般社団法人MIWA YANAGI OFFICE、SANDWICH 他

Open Storage 2022
ー拡張する収蔵庫ー

CONCEPT

coming soon


宇治野宗輝
《THE BALLAD OF EXTENDED BACKYARD,THE HOUSE 》2015
※2015年MASK滞在制作[建築設計]dot architects、片岡慎策
久保田弘成
《大阪廻船》2013
金氏徹平
《Splash and Flake(Pipeline/Kitakagaya)》2014
※2014年MASK滞在制作
名和晃平
《N響スペクタクル・コンサート 「Tale of the Phoenix」舞台セット》2015
持田敦子
《拓く》2021
※2020~21年MASKにて制作
やなぎみわ
《ステージトレーラー「花鳥虹」》2014
ヤノベケンジ
《ラッキードラゴン》2009 《サン・チャイルド》 2011 他

EVENT


ACCESS

大阪市住之江区北加賀屋5-4-48 Osaka Metro四つ橋線/北加賀屋駅 4 番出口より徒歩10分